〒214-0037 神奈川県川崎市多摩区西生田4-1-4 2F 
TEL:044-952-4184

ブログ

2019.04.04

歯が割れる?

歯が割れるって知ってますか?

 

毎日使う歯は噛み合わせであったり治療の影響によって様々な変化が起こります。

例えば、しみるであったり…欠ける、すり減る、割れる。
今回は、歯が割れてしまうことについて考えてみました。
では、どんな時に歯は割れてしまうのでしょう?
歯が割れる場合のほとんどは、すでに治療によって神経処置をおこなっています。
つまり痛みを取り除く治療をおこなっているのです。

 

割れ方の程度にもよりますが、歯が縦に真っ二つに割れてしまった場合は、残念ながら抜歯の対象となってしまいます。

 

その歯の経過を想像してみると…
むし歯あるいは、しみる→冷たい、熱いがしみる症状が強まる→痛む→神経治療→食事の最中、あるいは歯ぎしりをきっかけに突然の痛みによって噛めなくなる

 

ここで、その歯にとって忘れてはいけないことは…
よく噛めて使っていた歯であったということなんです。

2019.04.04

矯正治療で歯を抜くデメリット

矯正治療を行うにあたり、初期診断は非常に大事です。

 

治療しようと思う主訴は…患者様よって異なりますが、歯並びや八重歯が気になるとしましょう。

 

当然、あごの大きさに対して歯が大きければ並びは悪くなって当然です。

 

しかし、もし小学生であれば、これからのあごの成長が見込めますし、その時点だけの診断で抜歯をして歯並びを治したとしても、問題は後から発症してくるんです。

 

それは20歳以降に…

どんな症状でしょうか?

 

抜歯をおこなって矯正治療をすると奥歯の位置が前歯に近づくので顎間距離(上あごと下あごの間の距離)が狭まる可能性が高く顎関節症状をはじめ、咀嚼障害、首や肩のコリ、頭痛や耳なり、ひとによっては整形領域の腰や姿勢に影響することも…

 

もちろん、抜歯をおこなって矯正治療を行うメリットもあるので、年齢を含めた様々な視点から診断が要求されます。診断ミスは将来にわたる問題になるので。

2019.04.04

前歯の詰めものや差し歯が外れる?

IMG_0807

前歯の詰めものや、差し歯がよくはずれる方がいらっしゃいます!

 

患者様「半年前に詰めなおしたのに…またはずれてしまいました。」

 

A.「もし取れたところを、今もう一度詰めても必ずはずれてしまいます!しかもはずれる頻度はだんだん多くなっていくかもしれません。場合によっては、歯が割れてしまったり、状況が悪ければ抜歯することもあるんです。」

 

前歯の問題は、奥歯との噛み合わせのバランスが悪くなっている一つのサインだと思ってください。

 

それは奥歯の詰めものやかぶせ物、あるいは義歯であったりブリッジも関係ありなんです!

つまり適切な噛む力が奥歯にないと、前歯は壊れてしまうんです。

 

審美的にとても大切な前歯を壊さないようにするには、噛み合わせの健診をオススメします。

2019.04.04

口唇閉鎖不全症って知っていますか?

口唇閉鎖不全症って知っていますか?

いわゆるおくちをぽかーんとあいている状態なんですが…

 

近年、咀嚼機能の衰退、骨格の生長不全かもしれないのですが、くちびるが閉じないお子さまが気になります。

 

お口の周囲には様々な筋肉によって構成されています。

 

代表的な筋肉に口輪筋があります。

 

口輪筋や表情筋が正常に機能していないと口唇閉鎖不全症の原因となり口呼吸や鼻閉、いびき、アレルギー疾患との関連が示唆されています。

 

 

視点を変えて考えれば口輪筋や表情筋が使えない状態とも言えるんです。

つまり前歯が正しく噛み合っていない可能性もあります。

 

気になったら早期予防が大切ですので、ご相談ください

2019.04.04

噛み合わせの怖いところ

日頃、私たちは、毎日の食事をどのように食べているかなんて考えていないんです。
食事が感覚的に問題なく食べられていれば…別に噛み合わせだって大丈夫ですなんて思っているんです。
ところが気がつかないだけで、もしかしたら問題があるかもしれません。それが噛み合わせなんです。
顎の開け閉めであったり、食べる時の顎の動きであったり…
噛み合わせが顎の動きと密接な関係があるのです。お互いの関係が乱れていれば当然症状があるんですが…
それはお口の中ではなく体に現れることがよくあるのです。典型的な症状に頭痛と肩こりがあります。

身体の歪みだっておこってしまうんです。
これらの症状は長く付きあっているから…と諦めず、是非一度噛み合わせ診断を受けていただくことをお勧めします。特に歯科治療を多く受けている方は要注意です。

2019.04.04

よく噛んで食べることの効能

噛むことによって脳は刺激されお口まわりの機能が活性化する…

それってどんなこと?

 

小学生から中学生の年齢は一生におけるカラダの代謝、活性が最も優れている時期。

この時期に、しっかりとカラダの機能、あるいは噛む機能を十分に成長させなくてはいけません。

 

この時期に矯正治療をされている方は多いのですが…

乳歯から永久歯に生えかわるスピードには個人差があるんです。

 

なぜなんでしょう?

実は明確な差があるんです。

 

それはしっかりと噛んで食べているか?

自然にしっかり噛めているか?

ということなんです。

 

統計において、この時期の子供たちの噛む力と歯の萌出にははっきりと関係があらわれているんです。よく噛むと歯の萌出が促進される、そんなことがお口の中で起こっているのです。

 

この時期の摂食習慣が一生私たちのカラダと心に影響するといっても過言ではないのです。

2019.04.04

マウスピースを使わずに顎関節症状を消す?

あごがゴリゴリ、カクカクなる!

あごが開けると痛い!

あごを大きく開けるとはずれそうで、こわい!

固い食事をした後は、あごが疲れる!

耳の近くのあごの関節を触ると痛い!

 

などなど…

 

皆さんの、あごの関節は右と左の2つあります。

 

しかし成長の過程や食生活の影響、噛み合わせの影響を直にうけるのがあごの関節なんです。

 

あごの関節の正しい位置は何が関係しているのでしょう?

 

それがなんです!

 

通常、あごの関節の治療にはマウスピースを使うことが多いのですが…

マウスピースでは根本的な原因の解決に至らないこともあります!

 

 

しかしウソの様なはなし

マウスピースを使わずに、たった一つの歯の噛み合わせを整えることで、驚くほど瞬間に治ってしまうことがあるんです。

2019.04.04

顔の筋トレは効果的らしい

私たちの毎日にとって噛む、飲み込むといった、ごく当たり前の口の動きは、顔まわりの筋肉がしっかり使われていることなんです。

逆を言えば、顔まわりの筋肉がしっかり使えなければカラダの衰えにもつながっていきます。

 

高齢者にとって顔まわりのに機能が日常生活において大変重要な事はいうまでもありませんが…

今は若い年齢層にとってもひとごとではないのです。

まず高齢者はある程度筋肉の衰えは意識し受け入れながら顔まわりの筋トレを意識する必要があります。

では若い年齢層には何が起こっているのでしょうか?

若い年齢層においても、しっかり噛める噛み合わせが整っていないと、カラダの不調へつながってしまうのです。

 

顔の筋トレだと思って時々固くて厚い肉なんていかがでしょう?

噛んでいるとあごが疲れるような食べ物!

時々、意識して食べてみてくださいね。

 

小顔の効果もあるかもしれませんよ!

2019.04.04

親知らずの抜歯で考えられるリスク

先日、下のアゴにある親知らずを抜歯を希望されたHさん。

 

親知らずの抜歯といってもさまざまなのです!

簡単に抜歯できるものから、1時間くらいかけて抜けきらない場合もありますが…

Hさんの抜歯は、まさに後者でした。

 

真横に倒れた親知らずは前の臼歯にガッチリ食い込んでいましたし、歯は硬く、そして骨もとても硬かったのです。

 

もうひとつのリスクがアゴ内の神経です。

レントゲンを確認しながらアゴのしたにはしる神経に触れないように慎重に歯を切断しながら…

 

時間の経過を確認しながら、Hさんの疲労を考慮して2日に分けて無事に抜歯を完了しました。

 

幸い大きな腫れや痛みはありませんでしたが…抜歯後の噛み合わせの変化に伴う咬合痛は、これからフォローしていかなければいけません!

2019.04.04

歯に着く着色の原因って

個人差はありますが、歯には汚れに見える着色が付いてしまうものです。

 

原因は普段の生活でよく飲む飲みもの…なんです。

もちろん飲むものや飲む頻度によって着色の程度は異なりますが…

 

着色しやすい方にお聞きしてみれば…

 

着色しやすい代表は、やはりコーヒーやお茶、ワインなどなど

 

飲み物を飲んだ後のお口の中には、飲み物が残っているって知っていますか?

 

食べ物はお口の中に残っていることを比較的に自覚しやすいので食後のブラッシングがルーティーンになっている方は多いと思いますが…

 

先日、コーヒーを飲んで、およそ30分後に歯磨きをしたんです。

3分ぐらい磨いた後に通常どおりブクブクうがいをして吐き出すと…

 

吐き出したうがいの水には結構なコーヒー色をしていたのにビックリ!

 

つまり飲んだ後にはお口の中に飲みものが残っているので、もしかしたら食べ物よりやっかいかもしれませんね!

 

飲んだ後も、うがいやブラッシングで着色予防を心がけていきたいものですね。

1 2 3 4 5
044-952-4184 web予約へのリンクボタン
一番上に戻る