〒214-0037 神奈川県川崎市多摩区西生田4-1-4 2F 
TEL:044-952-4184

小児歯科

小児歯科について

217むし歯になってしまってからの治療も大切ですが、それ以上に大切なのがむし歯にならないということ。
当院の小児歯科では「むし歯予防」に力を入れています。

お子様の場合、歯科医院での治療は大人以上に大きなストレスや不安が伴います。しかし、お口の健康を維持し、むし歯を予防し続けていればそもそもむし歯治療が必要なくなるのです。

お子様の歯の健康を守るためには親御さんのサポートも欠かせません。
間違ったケア方法やブラッシングでは歯についた汚れや歯垢を落とし切れず、むし歯や歯周病の原因となってしまいます。
当院では正しいブラッシング方法や効果的なむし歯予防法、日頃のお手入れについての効果的なアドバイスも行っております。
親御さん、そして歯科医で協力し合ってお子様の大切な歯の健康を守っていきましょう。

小児歯科メニュー

フッ素塗布

フッ素塗布歯の表面のエナメル質を強化してくれるフッ素を歯に直接塗布します。乳歯や生えてきたばかりの永久歯はむし歯になりやすいため、定期的なフッ素塗布でむし歯になりにくい歯を作ります。

シーラント

シーラント歯の溝に歯科用プラスチックを詰めてむし歯を予防する方法がシーラントです。生えてきたばかりの奥歯は深い溝があるため食べかすが詰まりやすく、また、ブラッシングでも汚れが残りやすい歯です。シーラントを行うことでむし歯を予防出来ます。

ブラッシング指導

お子様に合った歯ブラシの選び方、歯磨きの時の正しいブラッシング方法について丁寧に指導いたします。むし歯を予防するためには正しい歯磨きが重要です。

気を付けたい「口の癖」(指しゃぶり・口呼吸・頬杖・歯ぎしり)

指しゃぶり

4歳以下の小さなうちでしたら問題ありませんが、あまり長く指しゃぶりの癖が抜けないと噛みあわせや歯並びに悪い影響を及ぼしてしまいます。

口呼吸

口呼吸をしていると口の中が乾燥てしまいます。それによって唾液の働きが妨げられ、むし歯・歯肉炎などになるリスクが高まることに。
気づくと口を開けていることが多いというお子様は口呼吸になってしまっている可能性があります。

頬杖

顎の骨を変形させてしまう原因となり、その結果歯並びが悪くなり全身のバランスが崩れてしまうということも考えられます。

歯ぎしり

永久歯に比べると乳歯は柔らかくなっています。そのため歯ぎしりで強い負担をかけると歯が削れてしまうことも。マウスピース状のガードなどをつけて治療することもあります。

予防ケアについて

当院では以下のような方法でお子様のむし歯予防を行っています。

クリーニング

歯垢・歯石を落とすためのプロによるクリーニングです。フッ素入りペーストで丁寧に歯を磨くことでむし歯、歯周病を防ぎます。

定期検診

3~6ヶ月ごとの定期的な検診を行うことで、歯の健康を保ち続けることが出来ます。
成長とともにお子様のお口の中の環境はどんどん変化していくため、その変化を見逃さないことが大切です。

044-952-4184 web予約へのリンクボタン
一番上に戻る