〒214-0037 神奈川県川崎市多摩区西生田4-1-4 2F 
TEL:044-952-4184

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯について

親知らずの抜歯について食事の時に奥歯で頬を噛んでしまう、歯の奥が痛むなどの症状を感じている方は、親知らずが影響している可能性を考えた方がいいかもしれません。
親知らずは皆さんご存知の通り、一番奥に生えてくる歯です。他の永久歯とは違って生えてくるのが遅く、17歳以降に生えていきます。
しかし、現代人は顎が細くなっているため、親知らずに何かしらのトラブルを抱えているケースがほとんどです。具体的には、まっすぐ生えてこなかったり、半分しか生えてこなかったり、横向きに生えてしまったりなどです。
生え方も問題ですが、そのような正しい生え方をしていない親知らずはブラッシングもしっかり出来ないためにむし歯や歯周病の原因となってしまうということも問題です。
必ず抜歯が必要になるという訳ではありませんので、お悩みの方はまずは一度お気軽にご相談ください。

親知らずを抜く必要性がある場合

抜く必要のある親知らずは以下のような場合です。

  • 親知らずが他の歯を押してしまい、歯並びに影響が出ている
  • 親知らず周辺の歯肉が腫れたり痛んだりを繰り返している
  • 親知らずの辺りから膿が出る、臭う
  • 親知らずに食べ物が詰まりやすく、手前の歯がむし歯になりそうなとき

親知らずを抜歯するメリット/デメリット

  • メリット

    歯磨きがしやすくなるためむし歯・歯周病予防に繋がる
    親知らずが原因で歯並びが悪くなってしまうことを防げる
    親知らずが原因となっていた磨き残しが減り、口臭が改善される
  • デメリット

    親知らずの抜歯後、腫れることがある(数日ほどで治まります)
    歯を抜いた穴に食べ物が詰まってしまうことがある

まずは患者様の現状を踏まえ、親知らずを残す、もしくは抜くことについてのメリットやデメリットについてご説明いたします。
患者様によっても症状は異なりますので、事前に相談ししっかりご理解頂いた上で治療を行っていきましょう。

044-952-4184 web予約へのリンクボタン
一番上に戻る